良い歯医者で良い治療を受けよう~自分にぴったりの歯科をセレクト~

正しい歯磨きを学ぶ

子どもと歯科医

正しい歯磨きの仕方とは

歯科医院は主に虫歯の治療をするところですが、毎日の歯磨きの仕方を教えることにも力を入れています。 歯の形はそれぞれ違います。また、人によって歯並びも違うものです。そのため、自分の歯に合った歯磨きの仕方をすることが虫歯の予防になるのです。歯科医院では、歯の状態を患者さんに教えるために歯の模型を使用することがあります。その模型を見れば分かるように、歯の表面は丸くなっています。そのため、歯磨きをする際には球体を磨くようにイメージして行うことがポイントです。このことを意識すると、歯磨きの質は大幅に向上します。 そして、歯科医院で歯の汚れ具合をチェックしてもらうことで分かりますが、人それぞれ磨き方には特徴があります。歯科医院で汚れ具合をチェックしてもらえば、どの部分に磨き残しがあるのかが分かるようになり、結果的に歯磨きの質が向上します。

歯間ブラシやフロスを使う

虫歯の予防には歯ブラシの他に、歯間ブラシやフロスを使うことが効果的です。歯間ブラシやフロスを使うことで、歯ブラシでは届かない歯の隙間の汚れをしっかりと落とすことが出来るようになります。これも歯科医院で使い方の指導を受けることが大切です。自己流で行ってしまうと、汚れが残る原因となってしまいます。 虫歯の治療のためには歯科医院へ行く必要がありますが、歯科医院では予防に一番力を入れているのです。正しい歯のメンテナンスの仕方を指導してもらえば、それが一番の虫歯予防に繋がるのです。これまでは虫歯の治療のためだけに歯科医院へ行っていたという方は、歯のメンテナンスをする場所という捉え方をすることが、新たな虫歯を予防することに繋がります。